スポンサーサイト

  • 2015.02.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    結婚しました。

    • 2014.12.23 Tuesday
    • 21:19
    12月20日、結婚式と披露宴を終えた。
    そして、12月22日、役所に婚姻届を提出し、私達は夫婦になった。

    挙式は私が一番こだわった本物の教会で、意味のある式が出来た。
    とても感動的で、涙が止まらなかった。
    一方、披露宴は、両家の親族のみだったのに、予想以上に盛り上がり、
    みんなに祝福されて感謝の気持ちでいっぱい。

    正直に言うと、私自身、結婚式が間近に迫っていも
    ずっと結婚の実感が湧かず、式や引っ越しの準備は
    どこか結婚ごっこみたいな感じがしていた。
    しかし不思議なもので、この日を境に突然腹がすわった感じがする。

    新居はまだ家具家電がほとんど用意できておらず、
    きちんと住める状態ではないが、何とか新生活を送っている。
    今後、少しずつ私達夫婦の心地よいペース、
    立ち位置を見つけていくことになるのだろう。
    日々の生活と人生が一変することに不安は山積みだけど、
    ワクワク感も幸せ感もいっぱいだ。

    -----
    JUGEMテーマ:結婚しました

    ブライダルネイル。

    • 2014.12.19 Friday
    • 17:37
    私は爪に無頓着で、普段、自分でマニキュアを塗る事なんて
    ほとんどないし、ネイルサロンに行ったこともない。
    第一、公務員という地味でお堅い職業柄、派手なネイルはNGだし、
    それ故に周囲でネイルをしている人なんてほとんど見かけない。

    だが、今回、結婚式に向け、社会科見学(?)も兼ねて、
    初ネイルサロン体験をしてきた。
    行ったのは、Hot Pepper Beautyで見つけた駅前のサロン。
    サイトには色々なメニューがあったが、そこに書かれていたのは
    オフ込、カラグラ、ラメグラなど、宇宙語かと思うほど意味不明な言葉。
    私はネイルは初めてで爪のお洒落に疎くてよく分からないので、
    ブライダルの場に相応しく清楚で上品なデザインを提案してほしいと
    正直に店員に伝えた。

    最初に両手の爪を消毒し、やすりなどで整えながら、カウンセリング。
    デザインは爪を長く綺麗に見せてくれるという斜めフレンチにし、
    カラーは肌馴染みの良いパールピンク、フレンチの境目に
    ゴールドのラメラインを入れてもらった。
    今回施してもらったジェルネイルは、マニキュアとは違い、
    紫外線の光に当てるとすぐに固まって、仕上がりもツルツル。
    これが約3週間もつんだとか。
    希望通り上品に出来上がったので、式後も仕事へ着けていけそう。
    これを機にネイルに目覚めたりして…(^◇^;)

    ちなみに、お値段は3,500円で、どうやら相場の半額程度らしい。
    ただ、マニキュアと違って、除光液などで簡単に落とせないので、
    またお店で落としてもらわないといけないのが、ちょっと面倒である。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?


    ブライダルシェービング。

    • 2014.12.18 Thursday
    • 23:59
    日本人は産毛が髪の毛同様に黒いので、
    それを剃るだけで見違えるように綺麗になる、らしい。
    このことを本で読んで知ってから、自分の結婚式の前には
    ブライダルシェービングに行こうと決めていた。
    まだ結婚が決まる前の話である。

    最初にお試しでシェービングに行ったのは、半年ほど前。
    京都にある女性顔そり専門店である。
    しかし、これがあまり良くなかった。
    カミソリ負けこそしなかったが、力を入れすぎで少し痛かった。

    そこで今度は、職場の近くにある普通の床屋へ。
    10月の和装前撮りに備えて剃ってもらったところ、
    今度は痛くなく、また、一番ベーシックなコースでも
    簡単なマッサージやパックまでしてもらえて、なかなか良かった。

    今週は、同じ店でブライダルシェービングのコースを受け、
    約1時間半の施術で、顔や襟足の他、背中やデコルテまで剃ってもらった。
    エステではないが、フェイスマッサージもしてもらって、
    たぶんそのお陰だろう、頬の大きなニキビが改善した。
    これで、お値段6,450円也。
    お金と時間が勿体なくて本格的なブライダルエステは諦めたが、
    せめてこれぐらいはやっても罰は当たらないよな(-。-) ボソッ

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    結婚式リハーサル。

    • 2014.12.15 Monday
    • 20:11
    土曜日、結婚の勉強会と式のリハーサルがあった。

    教会に何組か集められて、まずは配布されたアンケート用紙に回答。
    当日の花嫁エスコート役や妊娠の有無などを問う基本項目の他、
    互いの性格、結婚生活において最も大切と思うもの、
    といった質問もあった。
    担当牧師がこのアンケート用紙と各カップルを撮影した写真をもとに
    当日のメッセージを考えてくださるそうである。
    牧師による勉強会ということで、キリスト教における結婚の意味などを
    学習すると聞いていた気がするが、実際には式の概要説明が主であった。

    続いて、挙式リハーサル。
    絶対覚えられませんから覚えなくても大丈夫ですとは言われたが、
    本当に全然覚えられそうにない。
    というのも、ここの教会の結婚式はちょっと変わっている。
    入場後、指輪交換や誓いのキスをするのは通常どおりだが、
    その後、新郎新婦がお祈りを受けて、結婚証明書にサインし、
    ユニティキャンドルと呼ばれる、2本のキャンドルに両家の代表が
    火を灯し、それを二人が一つのキャンドルに移すというものもある。
    その都度牧師から説明があるとはいうが、きっとあたふたするだろうな。
    トータル時間も一般的な教会式の倍ほどかかり、極度の緊張の中で、
    貧血を起こす花嫁もいると聞いて、なんか不安だ。。。

    こんな感じで、リハ終了。
    前日夜なべして準備に取り組むカップルも少なくないそうだが、
    私達はこれで一応、結婚式と披露宴の準備は全部できたことになる。
    あとは、ブライダルシェービングやネイルサロンに行って、
    当日に向けて体調コンディションを整えるのみo(^o^)o

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    ウェイト米とプチギフトの準備。

    • 2014.12.14 Sunday
    • 12:17
    披露宴で両親に贈る記念品。
    一般に、花束やウェイトベア、旅行券などが多いらしい。
    私達が選んだのは、ウェイト米。
    二人が生まれた時の体重と同じ重さのお米である。
    特にサプライズ企画にするつもりもないので、
    事前に互いの親の了承は得ている。
    先週材料を買いに行き、昨日、新居で作製に取り掛かった。

    彼の出生時体重は3,750g、私は2,500g。
    お米はあきたこまちを選び、便利に美味しく食べてもらえるよう、
    ジップロックに小分けした。
    それらをクリスマス柄の大きな巾着にまとめると、
    一番外側には、対の赤ちゃん服を着せて、できあがり。
    もし子供に恵まれたら、この洋服を着せてあげよう。
    こう考えると超実用的で合理的な贈り物だ。
    不器用な私でも簡単に手作りできたうえ、
    コストも抑えられて、しかも出来上がりは上々。
    何かと物入りな私達にはイイコト尽くめであった。

    私がウェイト米を作っている間、彼はプチギフトの箱を組み立てていた。
    ペーパークラフト素材を利用して紙に印刷するまでは私、
    その後の面倒な切り貼りは彼の担当としていたのである。
    ちなみに、中身は神戸モンロワールのチョコレート。
    こちらも良い感じに仕上がった。

    昨夜、式場で当日荷物の預かりをしてもらえるというので、
    作りたてのウェイト米とプチギフトの他、
    前撮り写真を利用して自作したウェルカムボード、
    叔母から贈ってもらったリングピロー、
    芳名帳や披露宴BGMのCD、下着の一部や白ハンカチ、
    新郎母が余興で使う舞台などを運び入れた。

    こうして、いよいよ、式まであと1週間を切った。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    マリッジリング受け取り。

    • 2014.12.11 Thursday
    • 22:47
    マリッジリングが仕上がったとの連絡があり、受け取りに行った。
    結婚式まであと2週間という、ややギリギリの時期である。

    出来上がったリングは、指あたりが物凄く滑らかでビックリした。
    きっと、特注で内甲丸加工を施してもらったお陰だ。
    メレダイヤが付いているが、引っ掛かりが全くないし、
    隣の指に当たった時の異物感もほとんどないので、
    普段、指輪を着け慣れていない私でもすぐに慣れそう。
    ダイヤモンド重視で選んだエンゲージリングと比べ、
    着け心地の違いは歴然。
    デザインも自分の手にしっくりきていて、
    色々迷ったけれど、この指輪にして正解だったなと思う。

    そして、彼の指輪もなかなかよく似合っている。
    指サイズ23号の彼は、店頭に陳列されている指輪が小さすぎて
    いつもやむなく小指で試着していたので、
    この日初めて薬指に嵌っているところを見た。
    私と別ブランドの幅が太めのリングを選んだのは正解。
    標準的な幅のリングにしていたら、
    ボンレスハム状態になってたところだったワ。

    今週末に予定されている結婚式リハーサルに先駆けて、
    帰り、彼と二人で新居に寄って指輪交換の練習をした。
    私は今まであまり結婚式に呼ばれたことがないうえ、
    列席した時でも指輪交換シーンなんて注意して見ていなかった。
    だから、いざやろうとすると、どんな感じだったっけ?と
    頭の中がハテナだらけに。
    彼に助言されながら如何にもぎこちない手つきで嵌めてみたが、
    そもそも彼の助言が合っているのかどうかも怪しい。
    これでは本番の大事な時に手が滑って下に落っことしてしまいそうで、
    いささか不安である。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    新生活準備始まる。

    • 2014.12.07 Sunday
    • 21:34
    月末に不動産屋へ行って新居のカギを受け取った。
    帰省中の彼に代わって、私と母で自宅から日用品を幾つか搬入。
    新居の押入れやカーテンレール等の寸法を測ったほか、
    各部屋のコンセント位置などを確認した。
    そして翌日は、仕事の私に代わり、
    休みだった彼が、テレビやコタツの搬入と床掃除、
    電気・ガス・水道の手続きをしてくれたそうだ。

    新居には、まだカーテンも照明器具もないので、
    寝泊りできる状態ではないが、
    必要なものはこれから少しずつ揃えていく。
    二人とも引越し業者を頼むつもりはなく、
    徐々に生活をシフトしていくことになるだろう。
    一方で、結婚式まであと半月しかなく、その準備も済んでいないので、
    本格的に共同生活を営めるのは年明けあたりからではないかと
    睨んでいる。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    新居決定、12/1入居。

    • 2014.11.30 Sunday
    • 21:50
    2月頃からネットで賃貸住宅の情報を探っていたが、
    実際に不動産屋に足を運んだのは、秋になってから。
    どうしても日程の確定している結婚式や指輪の準備を
    優先しなければならないので、新居は後回しになっていた。
    不動産屋を3つ回り、部屋を5軒内覧に行った結果、
    5軒目の分譲賃貸を気に入って申込。
    無事審査に通って、12月1日から入居できることになった。
    少しずつ荷物を運んで徐々に生活をシフトしていく予定。
    敷地内駐車場がないのがネックであったが、
    こちらもマンションからほど近い月極駐車場を
    押さえることができて一件落着である。

    通勤は、私は電車で片道20分、彼は車で約25分。
    駅まで徒歩3分と7分の2WAYアクセス。
    徒歩10分圏内にスーパー3軒、コンビニ数軒、銀行、郵便局もある。
    私の実家まで車で7分、歩いて30分。
    決して都会ではないが、子供の頃から住み慣れた町であり、
    便利で住みやすい土地だと思う。

    これからいよいよ二人の新生活が始まる。
    私の心は、不安が9、希望が1。
    33歳にして初めて家を出て、他人と暮らす。
    ハッキリ言って、私達夫婦(見込)は以心伝心でもツーカーでもなく、
    言葉足らずで通じ合わないことが多く、これから擦り合わせて
    いかなきゃならないとかと思うと先が思いやられる。
    生まれ育った環境も違うから、それも当然のことなのかもしれない。
    私の潔癖症で神経質なところや、生活力の無さや、
    その他色々心配が山積み。
    だけど、もう、決めたから。
    彼と二人で生きていくことを決めたから、まずはスタートしてみる。
    細かく計画を立ててその通り動いていくのも良いけれど、そんなの無理。
    彼も、最初から全部完ぺきにやろうなんて思わなくていいから
    楽な気持ちでいこうと言ってくれている。
    だからとりあえず手探りでも何でも始めてみる。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?


    披露宴の食事/式準備の現況

    • 2014.11.29 Saturday
    • 17:37
    披露宴の食事は、全部で3ランク。
    私達が事前に食べてみて、比較したうえで選べる。
    これが式場のプランに入っておらず、別途一人一万円掛かるので
    痛い出費ではあったが、料理打ち合わせを兼ねているため
    ケチるわけにもいかず、食べてきた。

    一番最初の式場見学の際に一度ミニコースを試食したので、
    全体的な雰囲気や味付けは認識していたとおり。
    ダシを効かせた優しい味付けは、
    言わば、お箸で食べられる京風フレンチ。
    若い人には少々パンチが足りない気もするが、
    私達の披露宴は高齢ゲストも多いので、まぁいいだろう。

    プランに入っている料理は、3ランクのうち最も安いもので、
    フリードリンクも同じく、選べるドリンクの種類が最も少ないものだ。
    料理や引き出物はケチるのは恥ずかしいことだというが、
    ここをランクアップすると、掛ける人数分のプラス料金になる。
    実際に食べてみると、決してショボくはなく、
    結構内容の良いお料理である。
    というか、今回、一番下と一番上の料理を食べ比べ、
    私達はそれぞれのメニュー表を見て比較するので違いが分かるのだが、
    たぶん実際には一番上のものにしても、金額分ほどの差は伝わらない。
    親族披露宴でそこまで見栄を張る必要もないという意見で一致し、
    プラン内のコースにした。

    さらに、ケーキ選び。
    これは、試食がなく、リストから選ぶのみであったが、
    迷うことなくモンブランに決定。
    ケーキ入刀のウェディングケーキと実際に食べるケーキは
    別という会場も多いようだが、ここの会場は、
    入刀したケーキを食べることになっている。

    こんな感じで、着々と結婚式の準備が進んでいる。
    式の一ヶ月前が最も大変らしいが、
    余裕を持って早めに準備を進めてきたので、
    そんなに切羽詰まった状況にはならないのではと考えている。
    ゲストはほぼ確定しているし、衣装やアクセサリーも決まったし、
    余興や演出の準備は要らないし、ウェルカムグッズもほぼ出来た。
    あとは、結婚指輪を受け取りに行き、披露宴のBGMを選び、
    印刷業者から届いたプロフィール席次表を校正し、親ギフトを用意し、
    (披露宴では読まないけれど)親手紙を書くぐらい。

    さぁ、あと3週間…。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    手作りウェディング小物色々。

    • 2014.11.27 Thursday
    • 22:16
    披露宴おひらきの際、ゲスト全員に配るとされるのがプチギフト。
    プチギフトは引出物と違って、式場持込み料が掛からない。
    式場で注文するとやや割高だが、だからと言って、
    ゲスト人数が少ないため持ち込んだところで
    手間ばかり掛かって大して節約にならない。
    悩んだが、結局、好きなお店のチョコレートを持込むことにした。
    ギフトボックスは、ペーパークラフトサイトの素材を利用。
    ハート型の箱で、繋げるとお花の形になるので、
    式と披露宴の間はウェルカムグッズとして飾ることにした。
    印刷は私、面倒なハサミとのりは彼の担当である( ̄ー ̄)

    二つ目の手作り品は、和装前撮りの写真を利用したウェルカムボード。
    写真編集ソフトで文字を入れて加工し、
    馴染みのネット写真店に大伸ばしプリントを注文。
    父が部屋に飾っていた額縁を利用し、赤色のケント紙を
    マットがわりにすると、我ながらかなり良い感じに仕上がった。
    ちなみに、業者に頼むと3万くらいするが、800円で出来た(^_^)v

    もう一つ、手作り品で悩んだのは、リングピローだ。
    これも完成品を買うと高く、一般に手作りする場合が多いアイテムだが、
    結婚式以外で使う場面もないのに、わざわざ作るのは面倒である。
    すると、叔母が手作りピローを送ってきてくれるという
    棚ボタなことが起こった。
    心のこもった素敵なリングピローなので、
    これも挙式後はウェルカムグッズと一緒に飾ってもらう予定である。

    残りは、披露宴の最後で親に渡す記念品。
    両家ともウェイトベアならぬウェイト米を予定している。
    生まれた時の体重と同じ重さのお米を綺麗にラッピングし、
    赤ちゃんのおくるみを着せるという、超実用的(&安上がり)ギフト♪
    材料買いに行かないと…。

    -----
    JUGEMテーマ:how to wedding !?

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    counter

    date & time

    i2i

    ダイエットサプリメント

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM