スポンサーサイト

  • 2015.02.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    縦列駐車、人知れず練習。

    • 2014.01.03 Friday
    • 15:34
    クルマを運転するようになって、かれこれ6年あまり。
    と言っても、週に2,3回、ジムへの往復30分と、
    買い物やレジャーで1時間程度運転することがたまにあるくらい。
    サンデードライバーに毛が生えた程度である。
    安全には気を付けているつもりなので、今のところ無事故無違反だが、
    技術的にはお世辞にも運転が上手いとは言えない。

    当初、どうしても苦手なことの一つに車庫入れがあった。
    基本、私の運転は、前進あるのみ!なので、
    ハンドルを器用に操ってバックで駐車スペースに収めることなど
    到底できそうになかった。
    しかし、実際問題、駐車ができないのは致命的。
    目的地に辿り着いても車から降りられず、途中でコンビニに寄れず、
    家に帰り着いても車を元あった場所に戻せないということになり、
    これじゃ、全く運転できないのと変わらない。
    逆に言うと、それだけ練習する機会があるともいえ、
    今はよほどの変形駐車場でなければ、
    難なく停められるようになっている。

    さて、初心者にとって、これに並んで難しい運転技術といえば、
    縦列駐車。
    習ったことはあるが、車庫入れほど使う機会がないので、
    やり方はすっかり忘れてしまった。
    そのため、いざ、やらなければならない場面になっても、
    何をどうすればいいのか、もはやさっぱり分からない。

    我が家の場合、買い物で大きな荷物を出し入れする際など、
    自宅マンションの通路に一時停めておくことがある。
    空いていれば敢えて縦列をする必要はないので、
    そのまま適当に前進で停める。
    車が詰まっていて1台分しかスペースが空いていない時は、
    我慢して、遠くの駐車場まで車を停めに行く。
    前進あるのみなので、しょうがない。

    こんなことではいけないと思い立ち、先日、
    車の通行が少ない夜遅い時間に一人でこっそり練習してみた。
    ナビのバックガイドモニターについている縦列駐車ガイド機能を
    頼りにしていたのだが、停めたい場所の前の車に横付けして
    ハンドルを切った時点で「ガイドできません」の表示。
    まだ、全くバックしていない状態だというのに、あっさり見捨てられた。
    恐らく、ここは、右側の縦列駐車であり、あまり一般的ではないので、
    ナビとしては想定外なのだろう(或いは、使い方がマズイのかも…)

    後日、今度はインターネットで、縦列駐車のやり方を指南してくれる
    サイトを見つけ出し、シミュレーションゲームで練習。
    キーボードを器用に操って、ハンドルを切り、クルマを前へ後ろへ…
    何度もぶつけてしまった。

    うーん、、、やっぱり実車で練習しないといけないよなぁ…(^_^;)

    -----
    JUGEMテーマ:挑戦!!

    指図がましい駐車場。

    • 2012.08.25 Saturday
    • 23:24
    車の運転をし始めた頃、苦手なことの一つに駐車があった。
    特にイヤだったのは、係の人があれこれ指図してくる駐車場だ。

    何年も前の話だが、隣市のデパートへ初めてクルマで行った。
    立駐の中は狭く、縦列駐車の要領で入れなければならないような
    駐車スペースまであった。
    しかも、混んでいるので、係の人が停める場所を指示してくるのだ。
    この状況、もしも縦列のスパンを指定されたら、
    情けないが、断固拒否するしかない。
    幸い、自分が指定されたのは普通の駐車スペースだったが、
    運転初心者のワタシが、駐車場のオッチャンの視線を
    感じながらハンドルを裁いて駐車するなんて、
    何とも言えないくらいプレッシャーだった。
    以来、ここへはクルマで行かないことにしている。

    先月の話。
    京都のお寺へ行ったら、ここも駐車場係が誘導してくれるタイプだった。
    自分が指定されたのは隅っこの狭いスパン。
    ハンドルを切るタイミングまでその都度細かく指示された。
    私も以前よりは運転に慣れて、そんなに細かく言ってもらわなくても、
    ゆっくり落ち着いてやればある程度自分なりに停められる自信はある。
    だから、今回は他人の視線を感じて舞い上がることはなかったが、
    久しぶりにデパートの時の記憶がよみがえった。
    何とか駐車でき、ホッとしていると、係のニーチャンが一言。
    「上手に停めていただいてありがとうございます!!」
    そしてすかさず、「駐車料金700円いただきます( ̄ー ̄)」

    なんか、笑ってしまったワ、、、(;^_^A

    -----
    JUGEMテーマ:ドキドキしたこと

    事故は怖い。

    • 2012.07.22 Sunday
    • 20:40
    ここ半年ほど、身近で交通事故が多発している。

    自分のクルマが関わる小事故が2回。
    いずれも母が運転していて私は助手席だった。

    1回目は、自宅マンションの駐車場から公道へ出ようと
    一旦停止していたら、突然横から自転車がぶつかってきて
    事故になった。
    通勤で急いでいた自転車が、前方をよく見ていなかったそうだ。
    幸い誰も怪我はなかったが、クルマのドアが凹み、
    警察に届け出て弁償してもらった。

    2回目は、道路でハザードランプを出して止まっていたら、
    横を通った大型バスがドアミラーに接触。
    こちらは幸いキズにはならなかったが、
    私が咄嗟にプレートナンバーを記憶し、母が会社へ苦情を入れていた。

    私一人で運転している時にも、
    自車は関わっていないが事故を2度目撃している。

    1度目は、夜遅い時間帯のジム帰り、
    幹線道路の国道で信号待ちしている時に
    真横(隣の車線)で車同士が追突する瞬間を見た。
    スピードが出ていなかったので物損で済んでいると思うが、
    結構大きな音がしたのでびっくりした。

    2度目は今週のこと、↑と同じ時間帯の同じ道路で、
    事故の瞬間ではないが、直後の生々しい現場に遭遇した。
    まだ警察も救急車も来ていない状況で、
    その後当事者がどうなったかは分からないが、
    ただただショックでその晩はよく眠れなかった。

    私自身、車に乗る時は十分気をつけているつもりだが、
    何せ運転がかなり未熟なことを自覚している。
    そのうえ、一旦道路へ出れば明らかに無謀運転と思われる車やバイクに
    よく出遭うので、同じことがいつ自分の身に降りかかっても
    おかしくない気がして、時々どうしようもなく怖くなる。

    2度目の事故目撃以来、車に乗る時は運転に集中することと、
    ハンドルを握る時は焦らずゆったりした気持ちでいることを
    改めて肝に銘じている。

    -----

    秋の琵琶湖一周ドライブ&写真紀行(4)マキノメタセコイヤ並木・湖西道路

    • 2011.10.23 Sunday
    • 10:51
    (続き。)

    相変わらず朝寝坊な我々は翌朝も早起きできず、
    チェックアウト時刻の10時ちょうどに宿を出発した。

    2日目のメインはマキノピックランド。
    ここのメタセコイヤ並木が新・日本の街路樹百選に選ばれていると
    ガイドブックに書いてあったからだ。
    正直あまり期待していなかったのだが、これがかなり綺麗だった。
    中途半端な季節なので、並木はくすんだ緑色をしていたが、
    もっと秋が深まれば黄金色に、冬になれば真っ白になるのだから、
    そうなればさぞかし美しいことだろう。







    その後は湖西道路を走って南下した。
    湖西道路は、言わば無料の高速道路。
    不慣れな為、合流がうまくいかず、結構危ない感じになってしまった。
    普段、家の近くの国道を走っている時なども、
    車線変更が怖くてなかなか入れない時があり、つい苦手意識が…(T_T)
    しかも、走行中は後ろのトラックにあからさまな嫌がらせをされ、
    クタクタに疲れた。。。

    しかし、疲労した体に一番きつかったのは、京都に入ってからだ。
    平日ラッシュ時間帯と重なって交通量は多いし、
    疲れて休憩しようにも市内で駐車場のあるコンビニなんて
    すぐ見つけられないし…。
    結局、京都のイオンショッピングモールで少し休み、
    夜になって無事帰宅することができた。

    この2日間、一人で運転すること288km。
    いやぁ、しんどかったぁ〜。。。
    特に2日とも夕方以降がきつく、ドライブの時は自分で感じる
    疲れ度合いにかかわらず、1時間に一回以上は休まなければ、
    集中力が切れて危ないなぁ、と実感した次第である。

    さて、この旅行の目的は、ドライブともう一つは写真紀行だ。
    写真教室のステップ3修了作品展を控えており、
    提出作品を撮るぞと意気込んでいたのだが、その点は成果がなかった。
    どの撮影場所でも、先のスケジュールがある為
    一つの場所でじっくり狙って撮る時間を確保できなかったことが敗因か。
    次にまた訪れる機会があれば、リベンジを図りたい。

    -----
    JUGEMテーマ:滋賀県

    秋の琵琶湖一周ドライブ&写真紀行(1)ドキドキ高速走行

    • 2011.10.16 Sunday
    • 21:30
    先月は夏休みを利用して、母と二人で琵琶湖一周旅行をした。
    大まかなルートは2年前に行った時と同じ。
    湖東さざなみ街道を北上し、奥琵琶湖で一泊、
    湖西道路を通って帰るというドライブコースである。

    1日目。
    2人揃って朝寝坊し、スタートが出遅れた(えっ)
    車に乗り込み、最初の目的地『草津市立水生植物園みずの森』を
    入力すると、ナビが推奨してきたのは高速道路。
    確かに、琵琶湖一周どころか滋賀まで辿り着くだけでも
    結構遠いのに、これを下道で行くとさらに遅れてしまう。

    でもなぁ。。。(-"-;)
    実はワタシ、高速をあまり走ったことがない。
    免許取得の際ガラガラにすいた高速に乗ったのと、
    四国へ讃岐うどんを食べに行った帰りに友人の車を2,3時間運転した、
    その2回だけだ。
    んー…しかし、こういう時こそ利用しなければ
    いつまで経ってもできるようにならないよな。

    今回、良い機会だと思い、勇気を出して高速に乗ってみることにした。
    マイカーでは初めてなので、交通量が多い名神を避け、
    京滋バイパスをチョイス。
    最寄りの大山崎インターから乗ったところ、
    かつての高速教習と同様、合流もヘッタクレもないほど
    ガラガラにすいていたので助かった。
    スピードに慣れていないので走行中は文字どおり手に汗握ったが、
    信号や交差点がなく自転車や歩行者もいない分、
    一般道よりむしろラクかも。
    ただ、途中でサービスエリアに立ち寄ってしまうと
    また本線へ合流するハメになるので、トイレは我慢、、、(^^;;
    栗東インターで降り、ほどなくして辿り着いた。

    (続く。)

    -----
    JUGEMテーマ:高速道路

    左の感覚。

    • 2011.04.03 Sunday
    • 19:26
    ラクティスに乗り始めて3年ちょい。
    実は、先日、初めてちょっと擦ってしまった。

    現場はJR京都駅周辺。
    電車でしか行ったことがなく、道や周辺の様子がよく分からない。
    自家用車やタクシーでごった返してちょっと停めておく場所もない。
    かと言って、コインパーキングもすぐに見つからない。
    目に入ってくる情報がありすぎて、考えることが多すぎて、
    極度の緊張と苛立ちの中で…

    ( ̄□||||!!
    瞬間、嫌な音がした。

    車の左ミラーを接触させたのだ。

    幸い、目立った傷になっていなかったが、
    こういうことがあると、改めて、自分の車両感覚が不安になる。
    特に左って、見えないからよく分からない。

    以前から、広くてすいている道では、自分の感覚で
    だいたい車線の真ん中だと思うところを走ってみて、
    その後両サイドミラーで確認することがある。
    そんな時はいつも、白線から車までの距離は左右とも大体同じ、
    きちんと真ん中を走れており、心の中で「良し良し」と思う。

    だけど、例えば左側を走るバイクや自転車を追い越す時、
    程よい間隔を空けて追い越せているだろうか。
    また、道を左折する時、左に寄り過ぎたり
    右へ出過ぎたりしていないだろうか。
    自信がない。

    恐らく、あの時は車両感覚うんぬんよりも、ミラーの存在にまで
    意識が回らなかったということだろう(それはそれで問題だが…)
    サイドミラーって結構横に出っ張ってるのねということを
    今更ながら身を持って実感。
    結局、この日は何の目的も果たせずに帰り、
    仕方なく、別の日に電車で訪れた次第である(;´д`)トホホ

    -----
    JUGEMテーマ:ヘタこいたぁ〜

    昇順。

    • 2011.03.19 Saturday
    • 12:46


    この瞬間を狙って、一眼レフ持参で車を走らせた。

    京都市内のとある駐車場で遂に12,344kmを表示。
    「あと1キロ」のため、駐車場内を無駄にぐるぐる10回くらい回り、
    やっとのことでキリ番ゲット(←暇人)

    だって、一旦公道走り出すと急に止まれないからさ…(-。-)

    -----

    キリ番ゲット。

    • 2010.11.11 Thursday
    • 20:07
    down 本日11月11日、走行距離11,111km達成グッド


    *****

    それはそうと、数日前に気が付いたのだが、
    クルマの後方ドア付近に見慣れぬキズが付いている。
    運転中にこすったものではなく、
    故意に付けられたような深いキズが3本も入っているのだ。
    確かに、普段は吹きさらしのマンション駐車場に置いているし、
    スーパーやスポーツジムの屋外駐車場にとめることも多い為、
    その間いつ誰に付けられてもおかしくはない。
    しかし、母も私もキレイに、そして大事に乗っているので、
    こういうことがあるとちょっと凹むショボン

    今週土曜、ちょうど点検でディーラーへ持っていく予定があるので、
    その時に何とかならないか聞いてみるつもりだ。

    -----
    JUGEMテーマ:走行距離

    記念撮影?!

    • 2010.08.28 Saturday
    • 19:04
    我が家の愛車、ラクティスの走行距離表示はデジタル式である。
    7,777kmを達成したら記念に写真を撮ろうと思ったのだが、
    “その時”は、夜一人で運転中に来てしまい、撮影できなかった。
    まぁ、こればっかりはどうしようもない。

    あれから数ヶ月…。

    ジャーン!!王冠2


    今回のタイミングは平日の忙しい朝に訪れた。
    無事、撮影成功…☆と言いたいところだが、
    私は電車の時間ギリギリでそんなヒマはなく、
    私が行った後で、母が写真に収めた次第である(;^_^A アセアセ

    2年半で10,000kmということは、えーっと、
    1年4,000km、1ヶ月約300km、1日約10km…。
    思えば、昔、父がメインで11年乗ったカローラが最終6万キロ台。
    それでも親はあんまり乗っていないから勿体ないと言っていた。
    とすると、ラクティスはほとんど乗られていない車ということになる。

    それでもやはり生活にクルマは欠かせない。
    ま、私の場合、単に歩いたり自転車に乗ったりといった運動が
    嫌いなので、すぐ車に頼るという面はあるのだが…σ(^◇^;)

    -----
    JUGEMテーマ:走行距離

    バス爆発とか逆走車とか。

    • 2010.06.06 Sunday
    • 12:45
    初めて高速に乗った日、珍しいものを見た。

    1つ目、不審なバスバス
    すぐ前を走るバスからボンッ!という音が聞こえたかと思うと、
    同時にバス後方部あたりから白いモヤモヤが発生!
    これってもしや“バスガス爆発”ってヤツか…?!(・・?)
    次の瞬間、自車のフロントガラス全面に
    水しぶきがベチョーッと…(+_+)
    モヤモヤの正体は、煙ではなく液体であった。
    慌ててワイパーを回すが、汚れは全く取れないし、
    心なしか黄色っぽい感じ。
    何これ…??
    もしやトイレタンクが破裂した、なんてことないよな…( ̄ー ̄;
    そう言って黙ってしまった友人と私であった。。。
    結局、何だったのかは不明のままである。

    2つ目、燃える発炎筒炎
    事故かと思ったが、故障車だった様子。
    高速ではよくあることなのかと思っていたが、
    家で話すと母は一度も見たことないと言っていた。
    そんなレアなものを私、行き帰りに2度も見たのか?
    それとも我が母が経験なさすぎなのか?…謎。

    翌日。
    今度はうってかわってジャスコの駐車場で変わったものを見た。

    1つ目、駐車が凄くヘタなオバちゃん駐車場
    私も下手なので、他人のことをどうこう言える立場ではない。
    でもなぁ…このオバちゃん、特に入れにくい場所でも
    なんでもないのに、一向に車が駐車スペースへ入る様子はなく、
    20回ぐらい(!)やり直すのだ。
    その間、ライトを消して待っていたが、
    大して焦る様子もなく、悠長に何度も何度も…。
    私も別に大して急いでいなかったので、待つのは構わないのだが、
    オバちゃんの神経の図太さに感心した(いい意味で)
    私だったら、誰かが見てる、待たせてるって思うだけで
    冷や汗だらだら。
    駐車どころじゃないけどなぁ…ああ、小心者(+_+)

    2つ目、逆走する車自動車
    大型スーパーの駐車場で順路と逆方向を走る車には時々出くわす。
    しかし、その車は、駐車場のフロアを移動する坂道(一方通行)を
    逆走してきたので驚いた。
    ド真ん中を堂々と走ってくるので、
    自分が逆走してるのかと思って焦ったわ…(^_^;)

    そんなこんなで立て続けに珍しいものを見た2日間だったが、
    まぁ、自分が無事で何事もなかったことが何よりである
    (エライ雑なまとめ方だな(-。-) ボソッ)

    -----
    JUGEMテーマ:今日の初体験

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    counter

    date & time

    i2i

    ダイエットサプリメント

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM