スポンサーサイト

  • 2015.02.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    京都亀岡・湯の花温泉1泊2日、独身最後の母娘二人旅(1)夢コスモス園/和牛会席

    • 2014.10.01 Wednesday
    • 18:48
    結婚準備で忙しく、また、何かと物入りな時期。
    その為、今年の夏休みは母との温泉旅行に行かなかったのだが、
    やはり独身最後だからこそ行っておきたいと思い直し、
    急遽、近場の格安プランを探して行ってきた。
    行き先は、クルマで片道40分ほどの場所にある、
    京都・亀岡の“湯の花温泉”。
    周辺に観光する所があまりないが、今回の旅の目的は、
    お風呂に入ってだらーっと過ごすことなので、気にならない。

    正午過ぎに出発してまず向かったのは、『亀岡・夢コスモス園』。
    前々日にオープンしたばかりで、ある程度予測はついていたが、
    まだ1分咲きくらいで時期が早かった。
    そのうえ、快晴だったので陰影が強く出すぎたり、
    風が強くて茎がゆらゆら揺れたりと、
    撮影するにはちょっと難しい条件が重なってしまった。







    今回の宿泊は、通常一人1泊2万円以上の高級旅館だが、特定日限定、
    9月22日にちなんで税込9,220円という非常にお得なプランだった。
    その分、部屋が選べなかったり、
    食事処では外の景色が見えない席になったりしたが…
    まぁしょうがない。
    夕食は和牛会席で、メインは和牛3種(亀岡牛・京都牛・丹波牛)の
    食べ比べ。
    お肉は好きなので、楽しみにしつつも、
    食が細いので食べられるか心配していた。
    心配しすぎて、昼食を11時半にどん兵衛だけにして
    夜に備えていたほどである。
    実際、会席料理は最初の方にお造りや前菜や野菜の炊き合わせなど
    結構な量が出てくるので、お肉が出てくる頃には既にお腹いっぱい状態。
    完食はできなかったが、自分の中では頑張って食べたほうである。

    (続く。)

    -----
    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    スキー欲。

    • 2014.01.16 Thursday
    • 18:50
    私はスキー経験が浅く、あまり滑れない。
    一番頻繁に行っていた頃でも、せいぜい一冬に1〜2泊を1,2回程度。
    スクールに入って、初〜中級コースが滑れる程度に上達したところで、
    1年空いてまたゼロに戻り、再びスクールに入って…の繰り返し。
    そのうえ、10年前からパタリと行かなくなった。
    これだけご無沙汰になっていると、ミソジを過ぎた今、
    ちょっと習ったぐらいで滑れるようになるかどうか、非常に怪しい。

    道具は、スキーウェア上下、スノボウェアの上、
    帽子・手袋などの小物と、スキー靴は、自前のものがある。
    スキー板とストックは持っておらず、常にレンタルしていた。

    スキーに行く具体的な予定があるわけではないが、
    スキー用品についてネットで下調べし、スポーツ店に行ってみた。
    見ると、10年前とは少し様子が変わっている。
    昭和っぽい?派手な柄のウェアが増え、板は先が太く短いものが主流。
    材料も技術も良くなっているのだろう、
    板も靴も以前より随分軽量化されているようだった。
    道具について知識がないので、詳しくは分からないが、
    百聞は一見にしかず、現物を見に行ったことで少しは傾向が掴めた。

    ゲレンデについても調べた。
    ほとんどのゲレンデはスノーボーダーが幅をきかせており、
    初心者スキーヤーにとっては危なくて仕方がない。
    数は少ないが、スキー専用のゲレンデも存在するようなので、
    練習するならそういう所が良いかもしれない。

    よし、気分が盛り上がり、久々にめっちゃ行きたくなってきたぞ。
    問題は、いつ?誰と?何処へ?行くかだ(つまり何も決まっていない)
    特に、勤め人はまとまった時間を作るのが難しいからな。
    っていうか、1月中旬になって考え始めるというのが遅すぎたか(ーー;)

    -----

    るり渓温泉での休日。

    • 2013.12.14 Saturday
    • 11:53
    先週末は、京都のるり渓温泉を初めて訪れた。
    大山崎ICから京都縦貫道で約1時間、近場のレジャースポットである。

    ここの目玉は、水着で入る混浴露天風呂と温泉プール。
    日曜の午後とあって、ものすごく混んでおり、
    施設に到着するなり、自分の中では前代未聞のロッカー空き待ち状態。
    20分くらい待って名前を呼ばれ、ようやくチェックインできた。

    水着と帽子は無料レンタルできるので、気にしない人なら手ぶらでOK。
    自分はいくら洗濯済みでも他人とパンツを共用するようで抵抗がある。
    海水浴用に買ったリゾート水着と、
    普段ジムで使っている帽子とゴーグルを持って行った。

    着替えてまず向かったのは、プール。
    温泉成分が浮いていたり、沈殿していたりするかと思ったが、
    潜ると若干視界が悪い程度で、想像していたより綺麗だった。
    完全にリゾートな雰囲気なのかと思いきや、
    帽子着用が義務付けられていたり、
    歩くコース、25m泳ぐコースなどが分かれていたりと、本格的な?一面も。
    折角なので、4泳法で泳いでみたが、
    リゾート水着が身体に布がまとわりつく感じでかなり泳ぎにくく、
    例えるなら、着衣水泳のような感じであった。
    やっぱり水泳には競泳用が適していると実感しつつ、
    ちょうど2往復したところでプールの休憩時間に入ったので、
    そのまま退散、お風呂エリアへと移動した。

    お風呂は、バーデゾーン(いわば混浴ジャグジー)と
    露天風呂、さらに男女別に分かれた大浴場がある。
    一番気に入ったのは、露天風呂。
    混んでおり、まるで芋の子を洗うような状態であったが、
    顔に冷たい風が当たって気持ち良く、つい長風呂してしまった。

    温泉が終わって館内着に着替えると、寝ころびゾーンへ行った。
    テレビを見ながらゆっくりできる癒しの部屋、
    天井に色とりどりの星空が描かれた摩訶不思議の部屋、
    温かい寝ころびの部屋の3つである。
    中でも、摩訶不思議の部屋が、雰囲気良くリラックスできた。

    るり渓温泉では、今、イルミネーションイベントが開催されている。
    そこにも行きたかったのだが、温泉と癒しが盛り沢山だったことと、
    その後イルミに行くと湯冷めして風邪引くのが目に見えたので、
    この日はお預けとなった。
    駐車場からちらりと見えるイルミは壮大で、見応えはもちろん、
    写真に撮りごたえがありそう。
    次回行くのが楽しみだo(^o^)o

    -----
    JUGEMテーマ:温泉に行こう

    カニ旅行断念…。

    • 2013.10.28 Monday
    • 18:45
    先月、突然起こった食欲不振。
    今はまた食欲が盛り返して、普通に一日3食食べているし、
    大好きなビールも飲んでいるので、病的な感じではない。

    ただ、胃袋が縮んだのか、空腹を感じてご飯を食べても、
    すぐにお腹がいっぱいになり、あまり沢山は食べられない。
    少しだけど体重も減った。
    一月前の旅行で美味しく食べられなかったトラウマ?で、
    以来、食べなければというプレッシャーに弱くなっている。
    家や一人での軽い外食なら全く問題ないのだが、
    人と一緒の外食は、プレッシャーを感じる。
    だから今、食事や飲みの約束をしにくい状況にある。

    実は、一年近く前からこの11月には高級カニを食べに行く
    旅行計画をあたためていた。
    とても楽しみにしており、夏頃から幾つか日程の候補も挙げて、
    旅館の宿泊プランもピックアップしてあった。

    しかし、今、この状況を鑑みて、年内のカニ旅行は見送ることにした。
    行っても、たぶん食べられなくて、勿体無いことになる。
    また、勿体無いから頑張って食べなければと思うことがストレスとなり、
    余計に食べ物が喉を通らなくなることが目に見えている。
    んー、残念…(T_T)

    -----
    JUGEMテーマ:残念なこと

    道後温泉・倉敷2泊3日旅行(3)倉敷美観地区、のどかな昼景

    • 2013.10.15 Tuesday
    • 18:30
    (続き。)

    倉敷を訪れるのは、この旅行が初めて。
    事前に、倉敷出身の同僚から、大して見るものがなく
    丸一日も時間がもたないという情報を得ていたが、何のその。
    優雅に川舟下りを楽しみ、絵になる構図を探りながら
    じっくり写真を撮り歩いていると、逆に時間が足りないほどであった。
    ちょっと観光地化しすぎかなぁという感じはしたが、
    まぁ、それは仕方がないか(^_^;)


    船頭さんの案内に耳を傾けながら、


    ゆったりのんびり川舟くだり。


    辺りは古い町並みが残る。


    煉瓦造りの建物が連なるアイビースクエア内をぶらぶら散策。


    大原美術館の庭池に咲いていた睡蓮をパチリ。

    さて、今回の旅行、松山までの往復と道後館の宿泊は、
    JTBで店頭申し込みし、復路は岡山で途中下車、
    倉敷ステイはじゃらんで個人申込という複雑な計画をした。
    結果、交通費はかなりおトクに。
    道後温泉ではJTB特典でぎやまんガラス美術館の入館券が付いてきたり、
    坊っちゃんにちなんだ袴の貸衣装を無料レンタルして街を歩いたりした。
    一方、倉敷では、平日ですいていたのと、恐らく旅行社を通していない
    (=ホテルが旅行社にバックマージンを取られない)ために、
    実際の申し込みよりも良い部屋に泊めてもらえた。
    お値打ちで目いっぱい楽しめて、満足のいく旅行となった(*^_^*)

    -----
    JUGEMテーマ:街並み散策

    道後温泉・倉敷2泊3日旅行(2)倉敷の美しき夜景

    • 2013.10.14 Monday
    • 12:26
    (続き。)

    2日目は、列車を途中下車して倉敷へ。
    夕方には、ライトアップされた川辺を散策に出掛けた。


    旅先でカメラを提げて夜のお散歩。


    水辺への映り込みに目を奪われ、


    夢中でシャッターを切った。


    明日はここを浮かぶ川舟に乗ろう(^o^)

    泊まりは、ホテル日航倉敷にて。
    前日とは趣向を変え、フレンチディナー付きのステイプランにした。

    食欲も少し盛り返し、優しいお味が口に合ったのと、
    一品ずつ出てくるスタイルが負担にならなかったおかげで、
    フルコースほぼ完食することができた。

    (続く。)

    -----
    JUGEMテーマ:街並み散策

    道後温泉・倉敷2泊3日旅行(1)食欲不振、道後温泉

    • 2013.10.06 Sunday
    • 18:22
    9月下旬、遅めの夏休みを利用して、列車旅に出掛けた。
    道後温泉(愛媛県)と倉敷(岡山県)に1泊ずつ、2泊3日の旅行である。



    道後温泉の目玉といえば、道後温泉本館。
    別名、坊っちゃん湯とも呼ばれ、夏目漱石が足繁く通ったらしい。
    天皇も利用したというほど、由緒正しいらしく、
    建物内の見学ガイドがいたり、茶道具などが展示されていたり。
    しかし、純粋に温泉として評価するなら、あくまで公衆浴場。
    まぁ、野沢温泉にしても城崎温泉にしても、今までに訪れた外湯って
    大体こんな雰囲気だけれども(実際、公衆浴場だし)
    泉質は、私の好きな“ぬるぬる・すべすべ系”ではなく、
    “さらさら・きゅきゅっと系”であった。


    宿泊は、道後館にて。
    清掃の行き届いたお部屋に、気持ちの良い広々露天風呂、
    半個室で周囲が気にならない食事処、無料の高機能マッサージチェア、
    付かず離れず痒い所に手の届くもてなし…感じの良い旅館であった。


    今回の旅行、特に最初の方の日程において、食欲不振に悩まされた。
    元来、食べることと呑むことが大好きなのに、
    旅行前からほとんど食事が喉を通らなくなり、
    料理のにおいすら受け付けない状態になってしまった。
    しかも、グルメ旅行のつもりで1泊2食付プランを申し込んでおり、
    食事の時間の度にプレッシャーを感じることに…(T_T)
    食事だけが旅行の楽しみではないとはいえ、
    美味しく食べられなかったのは残念だった。

    (続く。)

    -----
    JUGEMテーマ:温泉に行こう

    夏休み、旅行計画。

    • 2013.07.13 Saturday
    • 09:31
    年に1〜2回、母と二人で国内旅行に行く。
    と言っても、4年前に九州へ行った以外は、近畿圏内ばかり。
    夏季休暇を控え、また何処かへ行こうと思い、
    大量入手してきた旅行パンフレットやネットで比較検討した。

    そして、日曜、旅の計画や手配を面倒がる母にかわって、
    一人でパンフと電卓を片手にJTBへ。
    まずは午前中に相談、その内容を踏まえて午後にもう一度行き、
    申し込み。
    夏休み前とあって、恐らく一年で最も混み合う旅行代理店で
    一日に2度の順番待ち…疲れた。。。(^。^;)

    今回の旅行プランはこんな感じ↓
    涼しくなってくるであろう9月下旬に遅めの夏季休暇を取って、
    道後温泉と倉敷に1泊ずつ、2泊3日の鉄道旅行。

    道後温泉での目的は、温泉(←当たり前か^^;)と瀬戸内の魚料理。
    道後は、母の以前からのリクエストだったが、
    アクセスが不便でなかなか実現せずにいた。
    今回は2泊旅行としたことで日程に組み込むことができた次第である。
    また、倉敷ではホテルステイの予定。
    お目当ては、街並みや風景の写真撮影とフレンチディナーだ。
    何にせよ、私はいずれも行ったことがない所なので、
    今から楽しみだo(^o^)o

    -----
    JUGEMテーマ:旅行に行きます♫

    城崎温泉1泊2日の旅(2)2日目、城崎マリンワールド

    • 2013.02.26 Tuesday
    • 19:04
    (続き。)

    真冬の豊岡だというのに、雪が全くないどころか、2日目は雨に遭った。
    仕方がないので、この日の外湯めぐりは一の湯併設の足湯のみとし、
    チェックアウト後、バスに乗って城崎マリンワールドへ。
    偶然にもその前の日曜に京都水族館へ行ったばかりであり、
    一週間もたたないうちに二度も水族館を訪れたわけである。


    ペンギンの行進。


    ここはイルカだけではなく、


    アシカも、


    セイウチ(!)までもが、芸達者。


    びっくりしたなぁ、もぅ。

    正直、期待値は低かったのだが^^;
    素敵なショーがいっぱいあって、思いのほかレベルが高かった。
    2月の平日ということもあってか、すいていて写真も撮りやすく、
    是非また来たいと思う、楽しい水族館であった(^o^)

    -----
    JUGEMテーマ:水族館

    城崎温泉1泊2日の旅(1)1日目、カニ料理と外湯めぐり満喫

    • 2013.02.25 Monday
    • 20:25
    2/14,15と2日間の休みを取り、初めて城崎温泉を訪れた。
    旅のお目当ては、カニ料理と外湯めぐりである。
    兵庫県豊岡市といえば、関西では有数の雪が多い地域。
    温泉情緒あふれる街並みの雪景色を写真におさめるつもりが、
    実際は、雪は全く積もっておらず、晴れてぽかぽか陽気であった(^_^;)


    ↑ JR城崎温泉駅前に設けられたの下駄奉納板

    旅館の内湯で洗髪と洗身を済ませると、
    早速、色浴衣と下駄を身に着けて外湯めぐりへ。


    本当は7つの外湯を全部回りたかったのだが、
    定休日や営業時間の短いお風呂があったり、
    下駄の鼻緒が痛かったり、夜になると寒かったりで、全制覇ならず。
    それでも鴻の湯、御所の湯、一の湯、まんだら湯の4つに入った。
    どこもそれぞれ特徴があり、湯質も微妙に違う。
    特に露天風呂が気持ち良かった。


    夕飯は楽しみにしていたカニ会席だ。
    柴山カニのお造り、カニみそ、天麩羅、焼きがに、茹でがに、かに鍋…
    お腹いっぱい食べ、ビールと地酒を飲み、夜が更けた。


    (続く。)

    -----
    JUGEMテーマ:温泉に行こう

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    counter

    date & time

    i2i

    ダイエットサプリメント

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM